秋のレシピ

ポトフ

調理時間:90分
カロリー:489kcal(1人分)
塩分:2.0g

  • 朝食向き
  • 昼食向き
  • 夕食向き
  • パートナーやお母さんのために作る料理
  • 料理の味付けがわからない時

献立例:

  • 水菜のサラダ

ポトフはフランスの代表的な家庭料理のひとつ。
いろいろな食材からいいだしが出て、時間がおいしくしてくれる料理です。
野菜はざっくりカットでOK、しかもほおっておくだけ。
休日の男子料理にぴったりの条件が揃っています。

管理栄養士からのオススメポイント

  • 牛すね肉、豚スペアリブや鶏手羽元といった骨付き肉は、皮膚の弾力を保ったり、骨の基盤を作るコラーゲンの宝庫。コラーゲンは肉の筋、骨、皮に多く、じっくり煮込むことで抽出されます。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子 先生

材料(作りやすい分量、3~4人分)

  • 牛すね肉シチュー用角切り:4個・約300g
  • 豚スペアリブ(長さ7~8cmのもの):4本
  • 鶏手羽元:4本
  • じゃがいも:小4個
  • にんじん:1本
  • たまねぎ:2個
  • かぶ:小4個
  • キャベツ:小1/2個
  • 塩・こしょう:各少々
  • <煮汁>
    • 固形スープの素:1個
    • 水:8カップ
    • 白ワイン:1/2カップ
    • ローリエ:1枚
    • にんにく(皮つき):1かけ
    • 塩:小さじ1
    • こしょう:少々
  • 粒マスタード:好みで適宜

作り方

1

鍋にたっぷりの熱湯を用意して中火で熱し、牛すね肉、豚スペアリブ、鶏手羽元を加え、ひと煮立ちしてから4~5分ゆでる。流水にさらして、汚れを洗い流し、水けをよくふきとる。

Point :

下ゆでして汚れをとっておくことで、澄んだスープに仕上がります。

2

鍋はきれいに洗う。牛すね肉、豚スペアリブ、煮汁の材料を入れて強火で熱し、ひと煮立ちしたらあくと脂分をとり、弱火にし、ふたをして約1時間煮る。牛肉に竹串を刺してすっと通るくらいになればよい。

Point :

タイマーをセットしておけば、ほったらかしでOK。

3

肉を煮ている間に野菜の準備をする。じゃがいもは皮をむき、水に10分さらす。にんじんは皮をむいて長さを半分に切って縦半分、たまねぎは芯をつけたまま半分に切る。かぶは葉を10cmほど残して切り落とし、皮をむく。キャベツは芯をつけたまま4等分に切る。

4

牛肉がやわらかくなったら、鶏手羽元、じゃがいも、にんじん、たまねぎを加える。ひと煮立ちしたらあくをとり、野菜がやわらかくなるまで約20分煮る。

5

かぶ、キャベツを加えて、約10分煮る。味が足りなければ塩・こしょうで調味する。

Point :

火の通りやすい野菜は時間差であとから加えます。

6

器に盛り、好みで粒マスタードを添える。

ドクターからのアドバイス

レシピ TOP へ戻る

Keyword キーワードから探す