夏のレシピ

串焼き、お好みだれ

調理時間:15分
カロリー:327Kcal(1人分)
塩分:2.8g

  • 夕食向き
  • 料理の味付けがわからない時
  • 包丁がうまく使えない時
  • 料理をするのがつらい時
  • 時間がない時

献立例:

  • なす、きゅうりの浅漬け
  • 焼きおにぎり

味違いの串焼きにキャベツをたっぷり添えれば、それだけで満足できるメインになります。
味つけは塩・こしょうでシンプルにして、テーブルで好みのたれをチョイス。
家族や気のおけない仲間たちとにぎやかな食卓を楽しんで。

管理栄養士からのオススメポイント

  • 肉や魚はどちらも良質なたんぱく質ですが、含まれている成分が違うので、両方を1対1の割合で食べるのが理想的です。
  • キャベツは胃腸の粘膜を守るビタミンUが豊富。抗酸化作用のあるビタミンCも豊富です。ビタミンU、Cは水溶性のビタミンなので、生で食べるのがおすすめです。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子 先生

材料(4人分)

A)ベーコントマト&えび

  • プチトマト:8個
  • ベーコン:2枚
  • えび(殻付き無頭):4尾

B)鶏ささみ

  • 鶏ささみ:4本

C)まぐろ&しし唐

  • まぐろ刺身用ぶつ切り:8個・100g
  • しし唐辛子:8本

D)牛肉

  • 牛ひれステーキ用肉:200g
  • サラダ油、塩・こしょう:各少々
  • <たれ:ごま塩>
    • 白すりごま:大さじ1/2
    • 塩:小さじ1/4
  • <たれ:にんにくみそ>
    • みそ:大さじ1
    • 砂糖:小さじ2
    • にんにく(すりおろし):小さじ1/2・1/2かけ分
  • <付けあわせ・薬味その他>
    • レモンのくし切りを半分に切ったもの:8切れ
    • 梅肉:大さじ2
    • 青じそ千切り:5枚分
    • キャベツ:6枚
    • サラダ油、塩・こしょう:各少々

作り方

1

A:ベーコンは半分に切って、へたをとったプチトマトを巻く。殻をむいたえびと交互に竹串に刺す。

2

B:鶏ささみは縦に厚みを半分に切って、竹串1本に鶏ささみ1本ずつを縫うように刺す。

3

C:まぐろとしし唐は交互に竹串に刺す。

4

D:牛肉は2cm角に切り、竹串に刺す。

5

キャベツは芯をとり、5cm角に切る。

6

フライパンまたはホットプレートにサラダ油少々を入れて中火で熱し、A、B、C、Dの串をそれぞれ並べる。A、Bは焼き色がつくまで2~3分焼いたら裏返す。ふたをしてえび、鶏ささみの色が変わるまで3~4分蒸し焼きにする。C、Dは両面に焼き色がつくまでそれぞれ2~3分ずつ焼く。

7

器に串焼き、キャベツを盛り、好みのたれをつけていただく(塩・こしょうはお好みで調整しましょう)。

ドクターからのアドバイス

渡辺 亨 先生

(浜松オンコロジーセンター 院長)

レシピ TOP へ戻る

Keyword キーワードから探す