春のレシピ

牛肉と新ごぼうのしぐれ煮

調理時間:15分
カロリー:230Kcal(1人分)
塩分:1.8g

  • 昼食向き
  • 夕食向き
  • 料理の味付けがわからない時
  • 包丁がうまく使えない時
  • 時間がない時
  • 料理をするのがつらい時
  • 時間がない時

献立例:

  • ねぎ塩奴
  • なめこのみそ汁

しぐれ煮とはしょうがを加えた甘辛味の煮物。
食べ慣れた定番の味付けならば誰でも失敗なく作れます。
包丁いらずの野菜をたっぷり加えて作りおきしておけば、丼やおべんとうにも大活躍します。

管理栄養士からのオススメポイント

  • タンパク質は免疫力を高めるためにも不可欠ですが、肉の種類によって含まれる栄養素が異なります。牛の赤身肉には血液を循環させるアルブミン、貧血を防ぐ鉄分、味覚を正常に働かせる亜鉛がバランスよく含まれています。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子 先生

材料(2〜3人分)

  • 牛赤身こま切れ肉(もも肉など):200g
  • 新ごぼう:2本
  • いんげん:細めのもの20本(100g)
  • サラダ油:大さじ1/2
  • <あわせ調味料>
    • しょうが(すりおろし):大さじ1(1かけ分)
    • 水:大さじ2
    • 砂糖:大さじ1
    • しょうゆ:大さじ2
    • みりん:大さじ2

Point :

新ごぼうがないときは、ふつうのごぼう1本を使用してください。いんげんの細めのものがないときは、ふつうのいんげん10本を半分に切って使用してください。

作り方

1

新ごぼうはたわしなどで皮をよく洗い、ピーラーでささがきにして、水に5分さらす。

Point :

ごぼうは、ピーラーを使うとかんたんにささがきができます。

2

いんげんはキッチンばさみでへたを切り落とす。

Point :

いんげんのへたは、キッチンばさみでかんたんに切ることができます。

3

器にあわせ調味料の材料を入れて混ぜる。

Point :

あわせ調味料はきちんと計量スプーンで計って合わせておくと、味つけもきちんと決まります。

4

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、牛肉を箸でほぐしながら色が変わるまで2~3分炒める。
水気を切ったごぼう、いんげんを加えて全体に油が回る程度に炒める。

5

あわせ調味料を加え、ときどき混ぜながら、ほとんど汁気がなくなるまで5~6分炒り煮にする。

ドクターからのアドバイス

乳がん治療中・治療後、患者さんは、心身ともに大変つらい思いをするものです。そんな時、ご主人やパートナー、ご家族の方は、ぜひ少しでもご本人の日常の負担を軽くしてあげてください。普段、料理はなかなかしないという方も、慣れ親しんだ味付けで作る肉料理なら失敗なく、お子さんや男性も一緒に食事を楽しめていいですね。

渡辺 亨 先生

(浜松オンコロジーセンター 院長)

レシピ TOP へ戻る

Keyword キーワードから探す