ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > たこのふわふわお焼き

レシピ

閉じる
たこのふわふわ
お焼き

夏バテによる疲れが蓄積すると、さっぱりしたものを好みがちですが、
体力が落ちているときこそ、たんぱく質の出番。
たこ、卵、滋養強壮の高いとろろには元気のもとがたっぷり。
明石焼きのようにだしを添えると、さっぱりといただけます。

管理栄養士からのオススメポイント

・長いもに含まれるねばねば成分ムチンは、たんぱく質の吸収を促し、疲労回復、スタミナアップに効果があるといわれます。ムチンには、胃の粘膜をうるおし、保護してくれる働きもあるとされます。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:15分
カロリー:393kcal(1人分)
塩分:1.6g(甘酢しょうがは含まず)

昼食向き

材料(2人分)

ゆでたこ(刺身用薄切り) 150g
生地
3個
長いも 10cm・200g
小麦粉 大さじ4
削り節 小1パック・3g
サラダ油 大さじ1
だし
だし 2カップ
しょうゆ、塩 各少々
甘酢しょうが 適宜
1

削り節はパックの外から手でよくもみこみ、細かくする。

削り節は細かくすると生地となじみやすくなります。

2

長いもは皮をむく。厚手のポリ袋に入れて、めん棒で細かくなるまでたたく。

ポリ袋に入れてたたくと、手がかゆくならずに、とろろを作ることができます。

3

ボウルに長いも、小麦粉、削り節を入れて、泡立て器でだまがなくなるまで混ぜる。卵を1個ずつ加えてさらによく混ぜる。

卵は1個ずつ加えるとまんべんなく混ざります。

4

たこを加えて箸でさっくりと混ぜる。

5

小さめのフライパン(直径20cm)にサラダ油を入れて中火で熱し、④を流し入れ、箸で大きく混ぜての3~4分焼く。焼き色がついたら裏返し、裏面も3~4分焼く。

6

鍋にだしを入れて中火で熱し、しょうゆ、塩で調味する。だしにつけ、好みで甘酢しょうがを添えていただく。

作ってみました!

刺身用のタコ、たたいた長いも、卵など、ほとんど包丁を使わずに全部の材料を混ぜて焼くだけなので、すごく簡単にできました。たたいた長いものシャキシャキ感とタコの歯ごたえ、卵のふわふわした感じなど、いくつもの食感が楽しめておいしかったです。そのままでも十分おいしいですが、つけ汁やとんかつソースなどを使ったら、また違った味になりました。

竹原 めぐみ先生

(医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科)

竹原 めぐみ先生
<献立例> ・あしたばのおひたし ・もやしとベーコンのカレーソテー

ドクターからのアドバイス

「Q:手足にしびれを感じるようになりました。日常生活でうまく工夫できることはありませんか?」

竹原 めぐみ先生

(医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科)

竹原 めぐみ先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る