ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 和風お刺身カルパッチョ

レシピ

閉じる
和風お刺身
カルパッチョ

健康によいとはわかっていながら、忙しい毎日にはなかなか登場しにくいのが魚料理。
でも、新鮮なお刺身があれば、ハードルはぐんと下がります。
お刺身をカラフル野菜やナッツととりあわせるだけで、見た目にも食感にも変化が出ます。
シンプルな味付けながらも白いごはんにもぴったり。

管理栄養士からのオススメポイント

・鯛やひらめなどの白身魚は、脂肪やコレステロールが少なく、高たんぱくのヘルシー食材。特に必須アミノ酸のバランスがよく、また消化にもよいので、病中、病後の食事にも適しています。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:10分
カロリー:281kcal(1人分)
塩分:2.0g

昼食向き
夕食向き

材料(2人分)

白身魚刺身薄切り
(鯛、ひらめなど)
180g
パプリカ(赤) 1/2個
水菜 3~4把
ねぎ 10cm
くるみ
(ローストしたもの)
30g
たれ
しょうゆ 大さじ1/2
小さじ2
砂糖 小さじ1/2
ごま油 小さじ1
1

パプリカは種とわたをとって薄切り、水菜は根元を切り落としてざく切り、ねぎは長さを半分に切って千切りにする。ねぎは水にさらす。くるみは粗く刻む。

ねぎは水にさらして辛味をぬき、食べやすくします。

2

たれの材料を混ぜ合わせる。

3

器にお刺身、野菜、くるみを彩りよく盛る。たれをかけ、混ぜながらいただく。

野菜がしんなりしないよう、たれは食べる直前にかけましょう。

作ってみました!

ごま油で韓国風になり、おいしかったです。野菜やくるみの歯ごたえもよくて、洋風のカルパッチョよりも食べやすいと思いました。カルパッチョのまま食べてもいいし、ご飯にのせれば、カフェのライスボウル風になりますよ。

竹原 めぐみ先生

(医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科)

竹原 めぐみ先生
<献立例> ・スナップえんどうのみそマヨあえ ・たけのことわかめのさっと煮

ドクターからのアドバイス

「Q:抗がん剤の治療中で感染症が心配なのですが、お刺身を食べても大丈夫ですか?」

竹原 めぐみ先生

(医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科)

竹原 めぐみ先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る