ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > さつまいものなめらかプリン

レシピ

閉じる
さつまいもの
なめらかプリン

口内炎があり、食事がうまくとれないときは、低栄養や便秘にならないよう注意が必要です。
さつまいも、卵、牛乳を使ったプリンは、エネルギー、たんぱく質も豊富な上に、食物繊維の補給にもぴったり。
オーブンいらずで口当たりのよいなめらかプリンができあがります。

管理栄養士からのオススメポイント

・さつまいもは、糖質が豊富でエネルギー補給に最適な食材。また食物繊維も豊富な上、ビタミンCも豊富に含まれています。さつまいものビタミンCはでんぷん質で包まれているため、加熱しても失なわれにくいのも特徴です。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:30分
カロリー:466Kcal(1人分)
塩分:3.5g

材料(ココット4個分)

はちみつ 大さじ2
プリン生地
さつまいも 大1本・300g
バター 大さじ3・40g
砂糖 大さじ4・35g
卵黄 3個分
牛乳 1カップ
1

さつまいもは皮つきのままよく洗い、ぬれたままペーパータオルで包む。さらにラップで包み、電子レンジで5分30秒~6分加熱する。

ペーパータオルで水分を補って電子レンジで加熱することで、さつまいものぱさつきを防ぎます。

2

さつまいもは熱いうちに皮をむいて、鍋に移し、泡立て器で細かくなるまでつぶす。バター、砂糖を入れてよく混ぜる。卵黄を加えてさらによく混ぜる。

3

牛乳を少量ずつ加えてよく混ぜる。

少しずつ加えることで口当たりがなめらかになります。

4

弱めの中火で熱し、木べらで絶えず混ぜながら、とろみをつける。生地がふつふつとしてきたらすぐに火を止める。

混ぜずに加熱したり、火を通しすぎたりするとだまができて口当たりが悪くなるので注意しましょう。

5

耐熱のココットに等分にして入れ、スプーンなどで表面を平らにする。オーブントースターの天板に並べる。

6

オーブントースターでうすく焼き色がつくまで14~15分焼く。はちみつをかけていただく。

焼きたてでも、冷蔵庫で冷やしても。どちらでもおいしくいただけます。

作ってみました!

さつまいもにぬれたペーパータオルとラップで電子レンジにかけると、こんなに簡単で短時間にほくほくにできあがることに驚きました。職員みんなで試食して、さつまいもの粒感や風味など「まるで高級ホテルのプリン!?」と大好評。またぜひ作りたいと思うメニューでした。
さいつまいものなめらかプリンは、口内炎があって刺激のある物が食べられない時少量で栄養価が高く、誰かが作ってくれたら心も嬉しい一品だと思いました。

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生

ドクターからのアドバイス

「Q:口内炎にならないための対策はありますか?」

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る