ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 豚肉とひらひら野菜のきんぴら

レシピ

閉じる
豚肉と
ひらひら野菜の
きんぴら

包丁がうまく使えないときにはピーラーを活用しましょう。
にんじん、ごぼうなどの固い野菜もピーラーで薄切りにすれば、あっという間です。
豚こま肉と組み合わせれば、切る手間はいっさい不要。
忙しいときにもありがたい一品です。

管理栄養士からのオススメポイント

・にんじんは、β-カロテンの含有量が多い野菜として知られています。β-カロテンは脂溶性の栄養素なので、油と一緒に調理するのがおすすめです。

・ごぼうは、食物繊維の含有量が野菜の中でもトップクラス。不溶性と水溶性の2種類の食物繊維を豊富に含んでいます。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:15分
カロリー:393Kcal(1人分)
塩分:2.1g

昼食向き
夕食向き

材料(2人分)

豚こま肉 200g
にんじん 1/2本
ごぼう 1/2本
サラダ油 大さじ1/2
白いりごま 大さじ1
あわせ調味料
しょうゆ 大さじ1・1/2
砂糖 大さじ1
大さじ2
七味唐辛子 好みで適宜
1

にんじん、ごぼうはそれぞれ皮をむいてから、ピーラーで長さ10cm、幅1cmの薄切りにする。ごぼうは水に5分さらす。

2

あわせ調味料の材料を混ぜる。

3

フライパンにサラダ油を入れて中火で熱し、豚肉を加え、箸でほぐしながら豚肉の色が変わるまで3~4分炒める。

4

にんじん、水気をきったごぼうを加えて、全体に油が回る程度に炒める。

5

あわせ調味料を加えて強火にし、水分をとばしながら2~3分炒りつける。

にんじん、ごぼうは薄切りにしているので早く火が通ります。シャキッとした食感を残すように強火で手早く炒りつけます。

6

器に盛り、白ごまをふり、好みで七味唐辛子を添える。

作ってみました!

大地の香りのするごぼうですが、日本ならではの食材のひとつですね。
ごぼうは下処理が必要な食材ですが、ピーラーを使用するのはとても手軽で、簡単にできました。お子さんや調理に不慣れな男性も扱いやすいでしょう。厚みも均一になって火の通りも早いし、味もよく染み、いいことづくしです。
ごぼうも人参も丸ごと1本使用して作りました。薄味の味付けで、食感も柔らかく、たくさん食べられました。食物繊維をたくさんとれておなかも大満足です。たくさん作って、余ったらお弁当に入れたり、卵とじにして三つ葉を散らしてもおいしそうです。

坂東 裕子先生

(筑波大学医学医療系 乳腺内分泌外科学分野 准教授)

坂東 裕子先生
<献立例> ・煮奴 ・わかめのみそ汁

ドクターからのアドバイス

「Q:便秘がちなのですが日常生活の中での対策のポイントを教えてください」

坂東 裕子先生

(筑波大学医学医療系 乳腺内分泌外科学分野 准教授)

坂東 裕子先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る