ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 豚しゃぶ薬味だれ

レシピ

閉じる
豚しゃぶ薬味だれ

夏の人気メニュー、豚しゃぶ。
豚肉のビタミンB1の吸収をパワーアップさせるのがねぎなどの薬味類。
豚肉と薬味の疲労回復コンビで夏バテ対策にもぴったり。
麺つゆだけで、ぴたりと味がきまります。

管理栄養士からのオススメポイント

・豚肉に含まれるビタミンB1は、糖や脂質からエネルギーをつくるのに関わる栄養素。ねぎなどに含まれるアリシンと一緒に摂取すると、疲労の回復を助けてくれます。

・長いもには消化を促してくれるジアスターゼという酵素が含まれています。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:15分
カロリー:317Kcal(1人分)
塩分:1.1g

昼食向き
夕食向き

材料(2人分)

豚しゃぶしゃぶ用薄切り肉 200g
きゅうり 1本
長いも 10cm
薬味だれ
万能ねぎ 5本
みょうが 2個
しょうが(すりおろし) 1/2かけ分(大さじ1/2)
麺つゆ(2倍希釈) 大さじ4
1

きゅうりは麺棒で一口大にたたく。

きゅうりや長いもは麺棒でたたけば包丁いらず。表面積が多くなるので味のなじみもよくなります。麺棒がないときは空き瓶でも代用できます。

2

長いもはピーラーで皮をむき、ポリ袋に入れる。麺棒で一口大にたたく。

長いもはすべりやすいので、ポリ袋に入れるとたたきやすくなります。

3

万能ねぎ、みょうがは小口切りにする。薬味だれの材料を混ぜる。

4

鍋にたっぷりの熱湯を用意して中火で熱し、沸騰したら火を止める。豚肉を1枚ずつ加えて色が変わる程度に1分ほど加熱する。

しゃぶしゃぶ用の薄い肉は、ぐらぐら煮立った湯でゆでるとパサつきます。いったん沸騰したら火を止めて、やさしく火を入れると、ジューシーに仕上がります。

5

豚肉の色が変わったら引き上げて、ペーパータオルをひいたバットにのせ、あら熱をとる。

豚しゃぶは冷水にさらすと、脂がかたまって口当たりが悪くなります。常温で冷ませばOK。

6

器に豚肉と野菜を盛り、薬味だれをかける。

作ってみました!

長いもを袋に入れてたたく方法はとても便利でした。また、豚肉もレシピ通りの方法でゆでたらパサつかず、本当においしくて驚いてしまいました!

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生
<献立例> ・冷やしトマト ・なすのみそ汁

ドクターからのアドバイス

「Q:このまま一生、味がわからないままなのでしょうか?」

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る