ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 手作り麺つゆ(2倍希釈)

レシピ

閉じる
手作り麺つゆ
(2倍希釈)

昆布やだしの風味のきいた麺つゆは、味つけに迷ったときに重宝する万能調味料。
麺のつけ汁、あえものはもちろん、水をプラスするだけで、煮物、炊き込みごはんなど、幅広く利用できます。

材料(2倍希釈用 約2カップ)

1/2カップ
みりん 1/2カップ
しょうゆ 1/2カップ
1カップ
昆布(5cm角のもの) 2~3枚・10g
削り節 2カップ・20g
1

鍋に酒、みりんを入れて強火で熱し、沸騰したら中火にして約1分加熱してアルコール分をとばす。

火加減は鍋底からふつふつと泡がたつ程度。アルコール分をしっかりとばして、うまみを引き出します。

2

しょうゆ、水、昆布、削り節を加えて、沸騰直前で弱火にする。あくをとり、約15分加熱する。

ていねいにあくをとることで、雑味がとれ、おいしく仕上がります。

3

火を止め、ふたをしてそのまま冷ます。完全に冷めたら、万能こし器で濾す。清潔なびんに入れて、ふたをして冷蔵庫で保存する。

取り出した昆布と削り節は栄養たっぷりのふりかけにリメイク。昆布は細かく刻み、削り節とともに耐熱の皿に広げ、ラップなしで電子レンジ(600W)で4~5分加熱して乾燥させてから、フードプロセッサーで細かくします。冷蔵庫で1週間、冷凍庫で1ヵ月間保存可能です。

手作り麺つゆ保存期間
冷蔵庫に入れて約2週間。それ以上おくときは1週間ごとに加熱してください。
手作り麺つゆ(2倍希釈)の割り方
2倍希釈とは、麺つゆと水を1:1の割合で希釈すると麺の「つけ汁」になるというものです。麺つゆは商品によって濃さが異なるので、市販品を使うときはパッケージの表示を参考にしてください。
料理 麺つゆ
(2倍希釈)
麺のつけ汁 1 1
麺のかけ汁 1 3
丼もの 1 2
煮物 1 3〜4
鍋物、おでん 1 4〜5

作ってみました!

手間をかけただしが、自然でおいしく出来ました。味覚障害のある方には、味の濃い、薄いで食べやすさが一人ひとりで異なるようですので、希釈するめんつゆを使って、自分で食べやすく微調整するのもいいですね。

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る