ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > ストロベリーバナナクリーム

レシピ

閉じる
ストロベリー
バナナクリーム

口内炎があるときは、とろみのついたものにすると、のどのとおりがよくなります。
果物の自然な酸味と甘みにヨーグルトのまろやかさがやさしいデザートです。

管理栄養士からのオススメポイント

・いちごはビタミンCの宝庫。いちご5~6個で1日に必要なビタミンCの摂取基準量をクリアできます。ビタミンCの抗酸化力は、免疫力を高めたり、抵抗力を高めたり、さまざまな効果があります。

・バナナのオリゴ糖、ヨーグルトの乳酸菌は両方を一緒にとることで相乗効果を発揮し、腸の環境をととのえてくれます。ヨーグルトには白血球のもととなるタンパク質も豊富です。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

栄養用語解説

調理時間:5分
カロリー:151kcal(1人分)
塩分:0.1g

材料(グラス4個分)

いちご 1パック(14~15個)
バナナ 2本
プレーンヨーグルト(無糖) 1/2カップ(100g)
飾り用のいちご あれば適宜

バナナとヨーグルトをベースにして、いちごのほか、ブルーベリー、桃、マンゴーなど好みの果物を組み合わせてください。

1

いちごはへたをとる。
バナナは皮をむき、手で長さ3~4cmに折る。

2

すべての材料をフードプロセッサーかミキサーにかける。

フードプロセッサーがないときはいちご、バナナを泡だて器で細かくつぶしてから、ヨーグルトを加えて混ぜてください。

3

器に盛り、あればいちごを飾る。

ドクターからのアドバイス

食欲がない時には、ヨーグルトなど、のどを通りやすいデザート類も食べやすいですね。
手軽に作れるデザートは、食事の満足感にもつながります。

「Q:乳製品を摂ってはいけないのですか?」

竹原 めぐみ先生

(医療法人DIC宇都宮セントラルクリニック 乳腺外科)

竹原 めぐみ先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る