ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 一口おむすび

レシピ

閉じる
一口おむすび

一口サイズの主食があれば、食欲が出たときに気軽につまめます。
少量ずつ品数を多くすると、味にも見た目にも変化がついて、食べる意欲にもつながります。

管理栄養士からのオススメポイント

・ごはんの糖質はからだにも脳にも不可欠なエネルギー源。漬物や青菜のおひたし、常備菜など、さっぱりしたもの、味付けの濃いものなど自分の好みに合うものを組み合わせ、エネルギーをしっかりと確保しましょう。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

栄養用語解説

調理時間:10分
カロリー:276kcal(1人分)
塩分:1.3g

朝食向き
昼食向き
夕食向き

材料(2~3人分)

A)梅しらす

温かいごはん 茶碗1杯分
梅干 1個
青じそ 2枚
しらす 大さじ2

材料(2~3人分)

B)たくあんとごま

温かいごはん 茶碗1杯分
たくあん 厚さ1cmのもの1枚
青菜のおひたし(小松菜など) 適宜
白いりごま 小さじ1

材料(2~3人分)

C)ひじき

温かいごはん 茶碗1杯分
ひじきの煮物 汁気を切って大さじ2

ごはんは、好みで玄米や雑穀米、酢めしにしてもおいしくいただけます。

1

梅干は果肉を手でちぎる。
青じそは千切りにする。
たくあん、青菜のおひたしはみじん切りにする。

2

ボウルにごはんを入れて、それぞれの具を加えてさっくりと混ぜる。

3

4~6等分にしてラップで包み、一口大に丸くにぎり、粗熱をとる。

温かいごはんは、においを強く感じることがあります。
吐き気が強いときは、冷めてからのほうが食べやすくなります。

<献立例> ・はんぺんのおすまし

ドクターからのアドバイス

味覚障害や吐き気などで食欲がない時は、作り置きできるものを用意しておき、食べられる時に少しずつ食べられたら良いですね。味覚障害や吐き気などは個人差がありますが、大部分において抗がん剤投与初期から現れることが多いので、治療が始まる場合には、どの時期にどんな食べ物が食べられるかなど、あらかじめ大まかに食事の計画を立てておくと良いでしょう。

沢井 紀子先生

(浜松オンコロジーセンター 薬剤師)

沢井 紀子先生
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る