ホーム > レシピ > 幸せレシピ集 > 鯛と新たけのこの包み焼き

レシピ

閉じる
鯛と新たけのこ
の包み焼き

旬の新鮮な魚や野菜の持ち味をストレートに味わう、シンプルなワイン蒸し。
そのままでも、好みでバターとレモンを添えてもおいしくいただけます。

管理栄養士からのオススメポイント

・鯛は高タンパク、低脂肪の白身魚の代表です。タンパク質は免疫力を高めるためにも重要な栄養素です。

・あさりなどの貝類に含まれる亜鉛は、タンパク質の合成に関わる酵素の材料となり、代謝を促進します。亜鉛は味覚にも関与する栄養素。水溶性なので、蒸し汁は具材にからめて余さず食べましょう。

管理栄養士・料理研究家

村田 裕子先生

村田 裕子先生

調理時間:25分
カロリー:342kcal(1人分)
塩分:1.5g

昼食向き
夕食向き

材料(2人分)

鯛(切り身) 2切れ
あさり(砂出ししたもの) 15〜18個
ゆでた新たけのこ 小1本
菜の花 4本
白ワイン(または水) 大さじ2
塩・こしょう 各少々
バター 好みで大さじ2
レモンの輪切り 好みで2枚

包み焼きは、季節に応じた旬の魚や野菜で1年中楽しめます。春は鯛やさわら、夏はいさきやすずき、秋は鮭やあじ、冬は金目鯛やたらなどもおすすめです。

1

鯛は両面に塩・こしょうをふる。
あさりは殻をこすりながらよく洗う。
新たけのこは縦半分に切り、幅1cmのくし切りにする。
菜の花は長さを半分に切る。

2

長さ50cmに切ったアルミホイル、オーブンシートを2枚ずつ用意する。
アルミホイルの上に、オーブンシートを重ねる。
真ん中に新たけのこ、菜の花、鯛、あさりの順にのせる。

下に野菜をのせて、鯛やあさりから出るうまみや栄養素をしみこませます。

3

白ワインをふり、オーブンシートで、空気が入らないように食材を包み、三方の口をとじる。
さらにアルミホイルで同様に食材を包む。

4

オーブンの天板に並べ、180度に熱したオーブンで15~16分焼く。

あさりの殻が開けば焼きあがり。
オーブンがないときは、オーブントースターで20~25分焼いてください。

5

器に盛り、好みでバター、レモンを添える。

<献立例> ・きんぴら ・アボカドのわさびじょうゆあえ
Mailで送る
LINEで送る
レシピ集一覧へ戻るインデックスへ戻る