ホーム > メイク&エステ > メイクアップレッスン > Lesson3 アイラインの描き方

メイク&エステ

閉じる

Lesson3

アイラインの描き方

脱毛によりまつ毛が抜けてしまった場合でも、アイラインを描くことによって目もとの印象を引き立てることができます。
上まぶただけでなく、下まぶたにもアイラインを描くことで、より目元の印象がはっきりします。

Start!

Step1 上まぶたのアイライン

① 目尻から目頭に向かって、短く数回に分けて描きます。

● 目尻の部分を描く場合は、指でまぶたの上の皮膚を少し上に引っ張ると上手に描けます。

● 生えているまつ毛とまつ毛の間を埋め込むようにして描きます。

● 脱毛している場合は、まつ毛の生えていた位置(粘膜の外側)に沿って描きます。

② アイラインを描いた後、線をぼかすとより自然に見えます。アイラインの上を、アイシャドー用チップ(細)や綿棒などを使って軽いタッチでぼかします。

ここでポイント!

★ アイライナーは、えんぴつもちで。

Step2 下まぶたのアイライン

目尻から中央に向かって1/3位を目安に、下まつ毛の生えていた位置(粘膜の外側)に描きます。

● ラインが太くならないように注意します。

● アイライナーの色は自然に見えるブラウンがおススメです。

● ラインを描いた後、アイシャドー用チップ(細)や綿棒などで線をぼかすと自然な仕上がりになります。

完成!

アイラインを入れたことで、印象深い目元に♪

メイクアップレッスンへ戻るインデックスへ戻る