ホーム > フィットネス > マンマヨガでこころとからだのバランスを整えよう

フィットネス

閉じる

体験レポート

マンマヨガでこころとからだのバランスを整えよう

マンマヨガの書籍もご紹介しています

マンマヨガとは・・・

マンマヨガは、乳がん体験者が乳がん体験者のために考案した「無理なく、安全に、気持ちよくできるように工夫をした、こころとからだのバランスを整えるやさしいヨガ」で、乳がん体験者のからだに合わせた専用プログラムです。
医療従事者によるバックアップ体制のもと、気分転換やリラクゼーションとしてだけでなく、乳がん手術後の肩関節可動域制限や筋力低下、リンパ浮腫の予防や改善のための運動効果も期待できます。

マンマヨガクラス レッスンレポート

先生の指示にそって、あぐらをかいて呼吸の練習。
マンマヨガでは、呼吸がとても重要。
からだの動きと呼吸が連動すると、こころと肉体の機能がバランスよく働き、心身の不調を客観視する訓練ができます。
スタンディングポーズ。
大地にどっしり立つことで、“今ここにいる自分”の存在感をかみしめます。
乳がんの手術後は、特に肩や腕周りのケアが大切。
無理せずゆっくり腕を動かし、使っている筋肉を感じます。
日常生活では、気づかないうちに胸をかばって猫背になりがち。
胸を大きく開いて左右にねじり、肩関節のストレッチとともに左右の腹筋、背筋を使います。
乳がんとつき合うということはストレスフルなもの。
下腹部を意識してひざを抱え、
お腹に溜まったストレスや緊張を解放していきます。
また足を上げることでからだの中の循環が変わり、
からだ全体に刺激を与えます。

参加者の声

乳がんになると、入院や手術はサクサク進んでいきますが、実際の病気とは何年も付き合っていかなければなりません。どうしても健康な時と比べて自分のからだにないものや、できないことばかりに焦点を当て、内向きになってしまう経験が、みなさんあると思います。でもマンマヨガに出会って、自分の状態を知ることで、少しずつ心の緊張がほぐれ、病気の自分も肯定できるようになりました。同じ経験を分かち合う仲間もでき、私にとって時々行うマンマヨガは、自分へのごほうびです。
病気になる前はスポーツが大好きだった私も、ヨガだけは何だかスピリチュアルな匂いがして、敬遠していました。しかし、リハビリのつもりでマンマヨガに参加してみたら、全く違った。からだの機能回復はもちろんのこと、病気後、初めて自分を責める気持ちから解放されました。みんなと一緒にからだを動かすことで、患者会とは、また違った一体感が体験できます。ぜひ他の方も、「だまされたと思って、一度一緒にやってみない?」という気持ちです。

マンマヨガインストラクター

ヤマダ リエ 先生

マンマヨガの目的は、きれいなポーズをとることではなく、自分の筋肉をくり返し緊張・リラックスさせることで、自分自身の内側に気づくこと。ストレスや緊張から、自分を解放してあげる練習です。
私は、病前にヨガ療法士として学んだ「心をコントロールするために呼吸を整える方法」が、自分が乳がんになった時、とても役立ちました。からだはもちろん、心の回復がとにかく早かった。ですから、みなさんにもマンマヨガを通じて、そう感じてもらえたらいいなと思っています。
クラスは、インストラクターも参加者も、すべて乳がん体験者です。いつでも気兼ねなく、様子を見にいらしてください。

詳細はこちら マンマヨガHP:http://www.mammoyoga.com/(外部リンク)

お問い合わせ

主催:一般社団法人 乳がんとこころについて考えるパース
〒133-0056 東京都江戸川区南小岩7-14-20
電話番号:090-4009-4678
E-mail:with.path@gmail.com
URL:http://with-path.com/

インデックスへ戻る